房総半島の内房エリアで絶対に訪れたいスポット3選!

1.東京湾に浮かぶ人気のパーキングエリア!

川崎市と木更津市を結ぶ「東京湾アクアライン」。そのほぼ中間に浮かぶ人工島にあるのが、「海ほたるパーキングエリア」です。1から3階まで大規模な駐車場が完備されている他、4階や5階にはカフェやレストランあるいは土産物店などが充実。さらに東京湾を一望できる休憩所や足湯なども併設します。夜には展望台からロマンチックな夜景も楽しめるため、房総半島へのドライブ観光では人気の高いスポットとして有名です。

2.ドイツの田園風景に浮かぶイルミネーションが最高!

館山自動道「君津PAスマート」ICから車で約15分ほど走ると、ドイツの田園風景を再現したテーマパーク「東京ドイツ村」が見え始めます。東京ドーム約27個分の広大な園内には、芝桜の丘やフラワーガーデンなど、四季折々の自然が楽しめるエリアが充実します。また観覧車やジェットコースターあるいは関東最大クラスのパターゴルフ場など、子どもから大人まで楽しめる遊具施設が豊富です。そして何といっても「東京ドイツ村」で有名なのが、大規模なイルミネーションイベントでしょう。関東三大イルミネーションにも指定されており、見応えは抜群です。

3.広大な牧場には可愛い動物たちがいっぱい!

房総半島の内房エリアで沢山の動物たちとふれあうなら、「マザー牧場」がおすすめです。約250ヘクタールもの広大な敷地内には、牛や馬をはじめ羊や豚といった、定番の牧畜がのびのびと飼育されています。この他にも、ラマやアルパカといった珍しい動物も目にできます。さらに牧場では、餌やりや乳しぼりを体験できる他、豪快な羊の毛刈りを楽しめるシープショーなど、楽しい体験型イベントが豊富にそろいます。また牧場オリジナルの乳製品をはじめハムやソーセージなど、自然の恵みを活かしたバラエティ豊かな土産品が充実します。

ヤートラルートでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です